ホームページ制作 実績

ホームページ制作には
絶対欠かせないスマホ対応

ここ最近スマホの普及により一概には言えませんがパソコンよりもスマホでの閲覧が増えています。
この結果を受けグーグルは2015年に4月にスマホに適切に対応できているかを検索結果に反映すると発表しました。
俗に言うモバイルファーストです。予算やホームページを作る目的、ターゲットにもよりますが、
ホームページのスマホ化をすることはSEOにも関連してくるのでホームページを制作する際はおすすめします。

スマートフォンサイト制作のパターン

キールでのスマホ化は大きく分けて二つのパターンで対応しています。
一つ目は、パソコンとスマホでコンテンツ、デザイン、コードを完全に分けての構築です。
二つ目は、パソコンとスマホのコンテンツとデザインはある程度同じで
画面サイズによってコードで変更させるレスポンシブデザインでの構築です。
二つともそれぞれにメリットとデメリットがあり、ホームページを作る目的によってどちらかを選ぶのが最適です。

スマホ化パターン

各デバイスごとにホームページ制作

スマートフォンとパソコン用のサイトを完全に分けての制作は、デバイスに合わせたデザイン、レイアウト、情報発信が可能となります。
そのため、レスポンシブデザインと比べてより閲覧性、操作性が高いホームページを作ることが可能となります。
ただ、デバイス更新にかかる手間やデザインを分けて製作するので、デザインにかかる費用が高くなってしまいます。

スマホとタブレット別デザイン

レスポンシブデザインでのホームページ制作

レスポンシブデザインでの制作は、コンテンツ自体は共通の物を使用するのでコンテンツの一元管理が可能です。
また、端末や機種が増えて画面サイズが多様化しても対応することが出来ます。
しかし、完全に分けて製作するよりはデザインにある程度の制限が出てしまいます。
レスポンシブデザインは分けて制作するよりもデザインには費用がかかりませんが、設計構築に費用がかかってしまいます。

レスポンシブデザイン

全てのホームページ制作プランでスマホ化対応可能!

キールでは各プランに対してのスマホ化も可能です。
また、ただスマホ化するだけでなくお客様の目的に沿ってスマホ化の構築の仕方を変更します。
予算の都合などもあると思いますが、まずは様々なプランをご確認の上ご検討、ご相談ください。
キールの専門のスタッフがご相談にのります。