ホームページ制作 実績

検索順位で上位に表示したいなら
SEOを考慮したホームページ制作

せっかくホームページを作るなら検索結果を上位にしたいですよね。
キールではSEOを考慮したホームページの制作も可能です。
ホームページを作ることで集客を上げたいのであれば、SEO対策は必須といっても過言ではありません。
とりあえずホームページを作ってから後でSEO対策を他の業者さんに依頼することも可能ですが、
先にSEOのことを考えてホームページを作るより余計に費用がかかってしまいます。
最初の投資費用はかかってしまいますが、キールではあらかじめSEOを考慮したホームページ制作をおすすめしています。

ホームページ制作でSEO対策が必要なのはなぜ?

ホームページ制作でなぜSEO対策がなぜ必要なのか?
答えは、より多くの人にホームページを見てもらうためです。
しかし、上位表示されることが目的になってしまっては本来の目的とずれてしまいます。
先ほど、より多くの人に見てもらうためにSEO対策をすると言いましたが、本当はその先にもう一つ目的があります。
それは、お客様にコンバージョンしてもらうことです。
多くの人にホームページを見てもらい、さらにコンバージョンしてもらう事こそが真の目的となります。

SEO対策

キールのホームページ制作におけるSEO対策とは!?

SEO対策には大きく分けて外部対策と内部対策の二つの方法がありますが、
キールがホームページ制作で行うSEO対策は内部対策のみ!
競合調査をしかっりとし、キーワードの選定それに基づくコンテンツを充実させていきます。
また、最適な文書構造とHTMLのマークアップでソースコードも最適化!
テキストの情報や内部リンクも最適化することでよりユーザー目線に立った上質なコンテンツを提供できるように心がけております。

  • ポイント1

    キーワードの選定

    メインキーワードを軸に競合を調査し、関連のあるキーワードを選定します。関連するキーワードでSEO対策をしておくことで、様々なニーズの訪問者をホームページに集めることが可能になります。関連するキーワードでユーザーを引き付けて、メインのキーワードのページへと誘い込みます。

  • ポイント2

    コンテンツの充実

    ただ単にコンテンツを増やしたところでSEO的には意味がありません。検索エンジンはユーザーにとってより有益なコンテンツを持っているサイトの評価を高くします。キールでは競合を調査した結果からどのようなコンテンツを作ればいいかを考え、さらに本当にユーザーが求めている情報に沿ったコンテンツを作ることで検索エンジンの評価を高めます。

  • ポイント3

    ソースコードの最適化

    ソースコードをきれいにするメリットは検索エンジンに情報が伝わりやすくなるからです。いい情報をコンテンツがどれだけ持っていても正確に検索エンジンに伝わらなければ意味がありません。ソースコードを最適化することにより、コンテンツの情報を検索エンジンがより正確に読み取ることが可能となります。キールでは内面的にもSEO対策をしています。

  • ポイント4

    適切な導線配置

    ユーザーの直帰率が高いと検索エンジンから質の低いコンテンツと評価されてしまいます。直帰率とは閲覧を開始した一ページだけをみて終わってしまうユーザーの数をページの閲覧数から出した割合です。一般的に直帰率が高いとユーザーの興味や関心と関連性が低いとみなされるため、検索エンジンから低い評価を受けてしまいます。そうならないためにも各コンテンツのページにユーザー視点に立った導線を配置して、サイトの回遊率を高めるようにしています。

キールのホームページ制作プランにはSEO対応プランがあります!

キールではSEOを考慮したプランから安く費用を抑えたい方向けのプランまで幅広くご用意しております。
ホームページで集客をお考えのお客様は、是非SEOを考慮したホームページ制作プランをご検討ください。
初期の費用は少々高めですが、総合的なことを考えるとSEO対策を組み込んだホームページ制作の方が費用を抑えることが出来ます。