ホームページ制作 実績

コンサルティング会社キール
マーケティングコンサルタントって何?

マーケティングコンサルタントとはマーケティングを専門領域としているコンサルタントのことを指します。マーケティングとは色々な言葉で語られます。どれが正しい答えというのは無いですし、時間や場所が変われば言葉の持つ意味も変わりますので、そこが大事な問題ではありません。その人の言葉でマーケティングとは、というのが規定されていて、そこに共感すればそれがその時点での答えとしてもっていて良いものだと思います。

キールがマーケティングコンサルタントとして出来ること

キールとしてどんなことが出来るのか、ということに関しては一番の強みがWEB関連なので、WEBでの集客や新規事業の立ち上げ、売上アップなどが主なコンサルティング内容になります。特にネットショップのマーケティングにおいては立ち上げから戦略立案、商品政策やSEOをベースとする集客面など多くの実績がある分野になります。今では海外通販、越境ECという分野も自分たちで取り組みながら自分たちが考えるマーケティングが海外でも通用するのかを日々検証しています。

マーケティングコンサルタントって何? -目次-

  1. 1マーケティングコンサルタントとしての知識
  2. 2マーケティングコンサルタントとして出来る提案
  3. 3マーケティングコンサルタントが生み出すメリット

マーケティングコンサルタントとしての知識

マーケティングコンサルタントとしての知識として大事なのは、マーケティングのフレームワークと呼ばれる(例えば3C分析やマーケティングミックスの4Pなど)ものがありますが、それは概念が分かれば誰でも使えるものです。それよりもマーケティングコンサルタントとしては人の気持ちや市場の動きが敏感に掴めるのか、というのが大事です。また商品サービスそのものの価値やストーリーなどの付加的な価値を磨き込めるのか、新しい価値を創出できるのか、といったところがこれからのマーケティングコンサルタントに望まれるところだと感じております。

マーケティングコンサルタントとして出来る提案

マーケティングコンサルタントとして提案できることとしては、まずは現状の力で即時業績アップが出来る可能性を探ることです。自社とお客様と競合の関係性がどうなっているのか。お客様が今求めている顕在的なニーズは何か、潜在的なニーズをどう掴んでそれを商品やサービスに転換できるのか、がポイントです。また競合との兼ね合いも市場原理的に必ずありますので、その調査や自社の強みを特定し磨き込むことが大事です。一言でいうなら競合が出来ていなくて、お客様に求められていて、自分たちが得意なことをどれだけ創れるのか。そしてそこが売上や目標と合致するものなのかどうか、ということを見極めた提案が出来なければなりません。

マーケティングコンサルタントが生み出すメリット

マーケティングコンサルタントが生み出すメリットとしては直接的な数字で測れるものも多くあります。集客アップをお願いした場合でしたら来店客数や見込み案件数やリピート客数など自社のKPIに合わせて目標値を明確にするとコンサルタントのメリットも明確に測れます。数字だけで推し量れるものではありませんが、まずはそこで信頼を創っていって、数字に表れないことやもっと大きな経営課題に向かって取り組むというのが一般的です。その他メリットとしてはコンサルタントは成功事例も多く持っていると思いますので、自社に取り入れられるようなヒントを得られる可能性は格段に上がります。会社の人や経営者が考えつかないようなアイデアを提供してくれるコンサルタントもいるでしょう。