ホームページ制作 実績

コンサルティング会社キール
経営コンサルタントって何?

マーケティングコンサルタントとはマーケティングを専門領域としているコンサルタントのことを指します。マーケティングとは色々な言葉で語られます。どれが正しい答えというのは無いですし、時間や場所が変われば言葉の持つ意味も変わりますので、そこが大事な問題ではありません。その人の言葉でマーケティングとは、というのが規定されていて、そこに共感すればそれがその時点での答えとしてもっていて良いものだと思います。

キールが経営コンサルタントとして出来ること

経営コンサルタントとは経営全般をコンサルティングする人のことですが、そうは言ってもあまり内容が掴めません。コンサルタントはクライアントの企業様ありきのところもあるので、そのクライアント様が抱えられている経営課題に応じて解決策の提示や方向性を示す仕事になります。現状と目標の差を縮めることをする時もありますし、未来を創っていくこともあります。経営コンサルタントというのは資格者が名乗れるものではないので、いろんな人がいますが、昔のように経営をしたことの無い人が口だけでコンサルティングをするというスタンスは変わりつつあるように思います。実業でもコンサルタントとしても実績がある人が増えてきています。

経営コンサルタントって何? -目次-

  1. 1経営コンサルタントとしての知識
  2. 2経営コンサルタントとして出来る提案
  3. 3経営コンサルタントが生み出すメリット

経営コンサルタントとしての知識

経営コンサルタントとして知っておかなければならない知識は経営全般のことであるのは間違いないのですが、そこはどれだけ勉強しても完璧ということはありません。あとは経営コンサルタントの方がどんな信条をもってコンサルティングに携わっているのか、ということの方が大事なポイントになります。ここはお付き合いをされる時に是非聞いてみてください。私たちキールとしての想いはキールが経営コンサルタントとして出来ることに記載します。経営コンサルタントとして最低限必要な知識というのは、マーケティング、マネジメント、ファイナンスかと思います。また原理原則を知ることと半歩先の未来に対して自分なりの答えを持っていることも大事だと思っています。

経営コンサルタントとして出来る提案

経営コンサルタントとしてその場で質問や課題に対して適切な提案を即時に出来るということは大事なポイントです。あとは知らないことや理解の及ばないことに対しては素直にその旨を伝えることと、そこがカバー出来る周りのプロの人たちにフォローしてもらえることが大事です。1人で全部のことは出来ません。ただ経営という視点とクライアント企業の視点から何が最適なのかを決める情報や人を提供して、クライアント企業の可能性を最大限拓くことはするべきだと考えています。コンサルタントとして出来る提案ということで、あくまでも提案する立場であり、意思決定をサポートする立場にあります。実際に取り組まれるのは現場の皆さまですし、責任も基本的にはクライアント企業様にあります。ただ提案の質やクライアント様のことを一生懸命考えているのか、ということに対する責任はあると思っています。

経営コンサルタントが生み出すメリット

経営コンサルタントを入れなくても良い会社もたくさんありますし、入れたとしてもうまく機能する会社とそうでない会社があるのは事実です。経営コンサルタントが生み出すメリットとしては新しい視座や視点で会社の現状や未来を見てアドバイスしてくれて思いもよらない業績アップや人材育成におけるメリットが出る、ということもあります。また経営者や会社の中の人だけで解決できないことの解決の糸口になるようなことを知っているかもしれません。直接的な業績アップや新規事業の立ち上げなどのメリットが出る場合も、会社のみんなのやる気が変わったとか定着率が上がったなど間接的なメリットになる場合もあります。