ホームページ制作 実績

個人か企業かコンサルティングは
どっちに頼むべきか。

個人か企業かコンサルティング -目次-

  1. 1個人コンサルタントって何?
  2. 2企業コンサルタントって何?
  3. 3個人コンサルタントに頼むメリット
  4. 4企業コンサルタントに頼むメリット
  5. 5結局どっちに頼めばいいの?

個人コンサルタントって何?

個人コンサルタントは代表の方個人であったり、少人数でコンサルティングを提供しているパターンを指します。
個人の突出したコンサルティング能力やノウハウや実績などがある場合には
個人としてコンサルティングをされている方もいらっしゃいます。コンサルティングの形はそれぞれですが、
提供できるコンサルティングの内容や範囲がその個人の方によって制約がありますので、
自分の得意領域以外の分野に関してはチームコンサルティングとして他の方を紹介したり、という流れになります。

企業コンサルタントって何?

企業コンサルタントというのは多くの人数を抱えて、それぞれが得意な分野を持ち、
その力を結集してクライアントにコンサルティングを提供していく形を取ります。社内の情報共有がスムーズであったり、根本的な思想が同じ場合が多いので、
ワンストップソリューションとして売り上げアップから人材育成やマネジメントやファイナンスまで
一定水準以上のコンサルティングをその会社に頼めば提供してくれるという利点があります。

個人コンサルタントに頼むメリット

個人コンサルタントに頼むメリットですが、色んな立ち位置で取り組まれている方がいるので一概に言えませんが、
個人でクライアントに密着して取り組むスタンスの個人コンサルタントであれば物凄く自社のことを考えてくれたり、
戦略から現場まで全てを把握した上で提案したり、業務遂行してくれる場合が多い特徴があります。ただ1人や少人数で取り組みながら戦略から現場まで取り組むと新しい情報の枯渇であったり、
しっかり考える時間が取れなかったり、とマイナスの面も出てきます。
メリットとしては圧倒的な距離感です。もしくは超有名系のコンサルタントも個人でやっている場合があります。
そういう形は講演や勉強会などで話して、気付きやノウハウの一部分を提供し、あとの実践やフォローはしないという形が多いです。

企業コンサルタントに頼むメリット

企業コンサルタントに頼むメリットとしては総合力です。企業経営をしていて悩みは尽きません。
その悩みを各専門のコンサルタントにお願いするか、1つの会社で他の部署や他の部署の人に聞いておいてもらうなど
ワンストップで解決できるようにしてもらうかの違いになります。また分業化していたり、情報収集部隊や現場部隊など、人の数が多いというのは打ち手や情報収集もしやすい、
ということでたくさんの情報やコンサルティングのソリューションの幅も広いと言えます。

結局どっちに頼めばいいの?

結局どっちに頼むのかは上記のメリットや特性を踏まえた上でクライアントの方が決めるべきことですが、
企業コンサルタントの場合でしたら一定水準のノウハウや実績などは担保されていると考えられます。リスクは少ないですね。
ただたくさんの中の1つのクライアント先ということになりますので、
コンサルタントにやる気を出してもらったり、うまいことコンサルタントを使えるような技量も必要になります。
個人のコンサルタントはその人との相性が一番です。そしてノウハウや実績などが確かかどうかを見極める目利きも必要になってきます。
ただ密着して売上アップやその他悩み事に対して親身にアプローチしてくれる傾向があります。