ホームページ制作 実績

自分にぴったりの
コンサルタントを選ぶ方法

コンサルタントを選ぶ方法 -目次-

  1. 1あなた自身の目的を再確認
  2. 2少しでも悩みの明確化をしましょう
  3. 3コンサルタントを選ぶときのチェックポイント
  4. 4コンサルタントを選ぶときのまとめ。

あなた自身の目的を再確認

まずは自分の目的が何なのかをしっかりと見極める必要があります。
すべての領域のコンサルティンングが得意なコンサルタントはごくまれにしか存在しません。皆さんも日常で得意なことと苦手なことがあるように、
コンサルタントがコンサルティングする領域にも得意なことと不得意なことがあります。
お客様自身が何に悩んでいるのかをはっきりと自覚していなければお客様に適したコンサルタントを選ぶことは難しいと言えるでしょう。

少しでも悩みの明確化をしましょう

自分自身の悩み自体がモヤモヤしている人もいますよね。
コンサルタントの仕事って悩み自体を見つけ出してくれるものなんじゃないの?って思っている人がほとんどだと思います。確かに悩みを見つけることもコンサルタントの仕事の一つですが、
お客様自身である程度は悩みを把握して貰っていた方がコンサルティングをするうえで物事がスムーズに進みます。
では、悩みを見つけるにはどうすればいいのでしょう。
まずは、自分がどうなりたいかや会社としてどうしていきたいかを考えましょう。
そうすることでイメージした自分や会社に対して、今の自分とのギャップを見つけてみてください。
そのギャップを知ることこそが、お客様自身の悩みに繋がってきます。
もしも自分でイメージがつかめない場合は、自分を良く知る人や会社内で他の人から意見を貰ってください。
客観的に見た意見を貰うことで自分では気づかない部分のギャップを見つけることが出来ます。

コンサルタントを選ぶときのチェックポイント

初めに少し言いましたが、コンサルタントを選ぶときに自分の悩みが明確になっている方が
コンサルティングをお願いするときに迷わなくなります。
その理由は、実際にコンサルタントを選ぶときは、自分の悩みに対してコンサルタントが得意な領域かを見極めることが重要だからです。
あなたの悩みが人材教育の部分にあるとします。この場合人材教育が得意なコンサルタントにお願いするのは当たり前ですよね。
もしも、あなたの本当の悩みが人材教育にあるのに、自分でその悩みに気付いてなかったとしたらどういうことが起こるでしょう?
人材教育が本当の悩みなのにコスト削減を最も得意とするコンサルタントにお願いをしてしまうかもしれません。
少し極端な話になりましたが、コンサルタントも神様ではないので、
実際にコンサルティングを開始してから本当の悩みに気づくことがあるかもしれません。
他にもお願いするときに参考になるのが実績です。例えば、コンサルティング実績紹介に医療関係の実績が多く記載されてるとすると、
そこの会社は医療系のコンサルティングが得意な領域だという事がすぐにわかりますよね。

コンサルタントを選ぶときのまとめ。

今までの事を簡単にまとめると、まずは自己分析から始めて出来る範囲で悩みを明確にしてください。
次に、悩みに対してのコンサルティングを得意としているコンサルタントを探してください。これで範囲的にはかなり絞れてきたと思います。
コンサルタントの実績を見てどの業界を得意としているのかをチェックして、自分の業界とマッチしているかを確認してください。本当に自分にあったコンサルタントを選ぶためには、ネットで検索して上位に表示されているからと選ぶのではなく、
しっかりと自分自身の分析とコンサルタント会社の得意とする領域の見極めが重要となります。
せっかくコンサルティングをお願いするからには、自分にとってベストなコンサルタントを探しましょう。